勉強法①鉄は熱いうちに打て!

どうも!koideです!!


このカテゴリでは私がお勧めする勉強法をお話していこうと思います。





-------------------------以下語りが続きます。勉強法だけでいいよという人は下へスクロールしてください。------------------------





私の好きなテレビ番組に「しくじり先生」というものがあります。

この番組は「過去成功していた人がなぜしくじってしまったかを授業形式で語る」というものです。


人の失敗談をきっちり聞ける人は絶対成長します。人の失敗を聞くことで、私は同じ失敗はしないでおこうと思えるからです。

「歴史をなぜ学ばなければならないのか?」と思っている人も同じで、それは昔の人はどういう失敗・成功をしてきたかを学ぶためだと私は思っています。


しかし、多くの人が、結果に一喜一憂して反省しないものがあります。


それはテスト。

そうテストです。成績がいい生徒ほど、悔しがって「どこをどうやって間違えたか」を分析します。「問題が難しい。」「量が多かった。」「これだけ点数がとれていればいい。」などの言い訳を口にし、なぜその点数に目を向けない生徒は成績が下がる一方でしょう。


「いや、僕・私は学校の数学の授業でやり直しをしている!」


という生徒もいるでしょう。いや、実際いました。

では、その生徒の中に、テスト当日なぜその問題を間違えたかしっかり覚えている生徒がどれだけいたでしょうか。

しかし、答え合わせをするためにも答えがわかるのがテストが返却されたとき。すぐなんて無理だ!!!


そんな生徒のためにすぐに答え合わせできるものがあるではないですか!!!

そう!全県模試です!!

全県模試は解いたその日に答えがわかります。復習に適したものなのです。

全県模試を受けるだけなんてもったいない!!ぜっかくなので使いこなしましょう!!!





-----------------------ではここからメインの勉強法!!-------------------------------


ということで、今回は全県模試の活用法を伝授!!


①まずは、その日に答え合わせをする。

まあ、そりゃそうですよね?答え合わせしないと何があってるかわからないですから。

これをするだけで、大きく変わります。


②ミスの仕方を分析する

単なる計算ミス・スペルミスなのか、そもそも考え方が間違えていたのか。

単なるミスでも同じミスが続くとそれはケアレスミスとは呼べなくなります!


③同じ問題を解けるようになるまで解く!

まずは繰り返し説きましょう!一週間後とかにもう一度解いて解けたらオッケーでしょう。



この3ステップだけ!

これをやるために僕は高校時代「模試ノート」なるものを作っていました。

間違えた問題を左のページに貼って、その解答の解説を右のページに貼る。

そして右のページを隠して解けるまで解く!

それだけですが、最後には自分が間違えた問題だけの参考書になっているというオリジナル教材ですね。


以上になりますが、カテゴリがカテゴリなだけにちょっと堅い話になっていきます。

これからも何卒!


個別指導 あおい学院 犬山南校

ひとりひとりの「個」を大切に。愛知県犬山市の個別指導学習塾

0コメント

  • 1000 / 1000