明日からGW休校です

どうも、朝から旧校舎のごみの片づけをしていたkoideです。

私がこの教室に移動して来てからもう1か月半がたちました。


明日から本格的に休校です。次回の通常授業は5月8日(月)になります。

みなさん間違えずにね。



GWの課題が多いという言葉を聞いてあることを思い出しました。


皆さんは「YAGNIの原則」を知っていますか?

知らない人も多いと思いますが、私はこの法則が数学の計算にはとても重要だと思っています。



「YAGNIの原則」とは・・・

"You ain't gonna need it"、縮めて YAGNI とは、機能は実際に必要となるまでは追加しないのがよいとする、エクストリーム・プログラミングにおける原則である。

① 後で使うだろうという予測の元に作ったものは、実際には10%程度しか使われない。したがって、それに費やした時間の90%は無駄になる。

② 余計な機能があると、仕事が遅くなり、リソースを浪費する。

③ 予期しない変更に対しては、設計を単純にすることが備えとなる。そして、必要以上の機能を追加すると、設計が複雑になってしまう。



これを数学に直すとこうです。

① 後で必要になるだろうと予測して解いた計算は、実際にはしなくてよいものが多い。したがって、それに費やした時間が無駄になる。

② 余計な計算をすると、スピードが遅くなり、計算スペースを浪費する。

③ 計算を単純にすることが必要となる。そして必要以上に途中の計算をすると、計算が複雑になりミスをしやすくなってしまう。



たとえば、こんな問題。

実際に2013年にある私立高校の入試で出た問題です。

これをみて「2の2013乗?無理だろ!次だ次!」となってしまった人はこの問題の作成者の思うつぼです。

これはとてつもない計算をしろというものではありません。

符号をいかに最初に判断するか、いかに最初に約分するかという問題です。

(解いたら↓のようになる)

こんなの知ってるよ!という人!

そう!知っているということが大事!でも知らなかったらできない!

知らず知らずのうちに解き方を覚えているんだね!


ではこんな問題はどうだろう。

中2の問題

等式変形の問題です。

これも知っているかどうかが大事なんだけど。

↓のやり方が一般的。

だけど計算ミスが起きやすいそれはなぜか。




負の数で割り算をするから。

求めたい文字が負の数にならないように移項をしていけば負の数で割るという動作はなくなるよね。

↓みたいな感じ

これもやってるという人!


この人は素晴らしいと思う。計算ミスをなくすために努力をしているor感覚的に知っている人。

この調子でどんどんYAGNIってください!





でも、紹介したのはほんの一例だから、みんなも自分でYAGNIって行く方法を見つけてほしいなあ。と思うわけです。

個別指導 あおい学院 犬山南校

ひとりひとりの「個」を大切に。愛知県犬山市の個別指導学習塾

0コメント

  • 1000 / 1000