ポジティブ駐車

こんにちは、昼と夜の寒暖差が大きい日が続いております。

気を付けてくださいね。


今日愛知銀行で前向きに駐車してください。っていう看板を見て

ポジティブになったkoideです。



最近教室での私の口癖が

「ネガティブな言葉を使うな!」

です。


塾の先生になる前の私は、

   「ネガティブな感情は口に出していいじゃん?」
   「そんな無理やりポジティブな言葉だしてなにがいいの?」
   「思ってもないことを口に出すのって気持ち悪くない?」

と本気で思っていました。

実はこの考えは今もあまり変わっていません。


ですが、やはり『ネガティブな言葉は使わないようにしましょう!』と、いろんなところで言っています。

なぜかというと一番大きな理由は本人と周りの人に悪影響しか与えないからです。


  ①可能性を見えなくする

  ②建設的な話が出来ない


例えば、誰かの意見に対して『無理!』の一言で片付けたとしましょう。(つまり拒絶や否定です)


そもそも意見を出すということは何かしらの目的があるわけです。より良い結論を求めて話しているわけですよね?それを一方的に拒絶してしまったらゴールが達成できません。その影響はその場だけではなく、その後のその人の心にもネガティブな影響を与えてしまいます。それが非常に嫌なのです。


そこで今回のワーク提出についてです。

ワーク提出のことを伝えられたときは

「できないかもしれない!無理!」

と言わずに!

「頑張ってみるわ!」

と言ってほしい。と思うわけです。


個別指導 あおい学院 犬山南校

ひとりひとりの「個」を大切に。愛知県犬山市の個別指導学習塾

0コメント

  • 1000 / 1000