部活動観戦にて

こんにちは。教室長の原田です。

今年度も早速部活動の観戦に行ってまいりました。

本日は女子バスケットボール部の春季大会の応援に行ってきました。

私は中高とバスケットボールをやっていたのでバスケが大好きです。

試合を見ていると出場したくなってしまうくらい大好きです。本日も飛んできてしまったボールを触ることが出来てうれしかったです。

男子バスケも見に行きたいのですが残念ながら今、男バスの生徒がいません。(男バス生徒求ム)

結果は犬山南部中学校は1、2回戦勝利です。おめでとうございます。

南部中学の女子バスケは今とても強いです。原田先生よりも身長の高い子がいたりします。

生徒達もみな大活躍で、とても見ていて楽しい試合でした。

西尾張大会出場を目指して明日の試合も頑張ってください!

犬山東部中学校は残念ながら負けてしまいましたが、まだ夏の大会が待っています。

悔しさをバネにたくさん練習を積んでください!


さて、試合の合間の時間に私は各中学のチームを観察していました。そしてチームの指導者の大切さを改めて実感しました。

先生自身がとても盛り上がっていたチームは生徒も同じように盛り上がり、一丸となって勝利を目指すことがとても楽しそうでした。

それを見て高校時代をふと思い出しました。強いチームには必ず「活気」がありました。何といっても応援の声が圧倒的です。試合が始まる前から「このチームにはかなわない」という感情を抱かされるほどです。そしてそのようなチームは必ず指導者が一番声を出していて「勝ちたい」という気持ちを持っていました。私の高校は何度も県大会に出場してきましたが、県大会で勝ち進んでいくのはこのようなチームばかりでした。

指導者は自らの行動をもって人を導くことが大切なのだと実感させられました。


そんなことを考えていた矢先、私が中学校の時にとてもお世話になった体育の先生にお会いしました。今は犬山東部中学校の校長先生です。

その先生は、まず試合を見に来ていた保護者の方々に感謝の気持ちを伝えていました。応援に来ていた卒業生たちにも1人1人に声をかけていました。そして、試合が始まると大きな声で生徒を励まし、試合を応援していました。

そして「さあ、次は男子バスケ部の応援に行ってくるか」と言って去って行かれました。

その姿を見て、先ほどの実感が確信になりました。


生徒達が熱心に部活に取り組む姿を見ていると自分も感化されてしまいますね。


明日はバレーボール部の観戦に行ってきます。


それでは。



南部中戦

東部中戦

個別指導 あおい学院 犬山南校

ひとりひとりの「個」を大切に。愛知県犬山市の個別指導学習塾

0コメント

  • 1000 / 1000